2018年10月よりハートコア株式会社のRPA(Robotic Process Automation)製品

HeartCore Robo

の販売、導入支援及びコンサルティング業務を開始いたしました。

IT補助金の対象ツールとなっておりますので、12月18日までに申請が間に合い、採択された場合には、最大50万円までの補助が受けられる機会となっております。

イージーネットがRPA製品のパートナーになった理由

イージーネットは従来より、単なる給与計算アウトソーシングに留まらない、ITを活用したバックオフィス業務の効率化を推進して参りました。

まだRPAという言葉が定着する以前より、マウスやキーボード入力の記録を行う各種ツールを積極的に活用することで、数千人規模の顧客の給与計算や勤怠管理を低コストにて実現してきました。

近年高まる人手不足の中で、高性能化するRPAは、イージーネットの業務のさらなる効率化を実現し、生産性を向上させるために不可欠なツールだと考え、まずイージーネットが行う多くのアウトソーシング業務を効率化させるためにRPAツールの導入を検討しました。

なぜハートコアロボか?

そして、数あるRPA製品の中で、弊社がハートコア製品を導入対象に選んだのにも理由があります。

1.座標記録ではなく、画像認識による「実践的」な自動化処理

マウスの動きやクリックした座標を記録する方式を取るRPAが多い中、画像認識を主としてロジックを組み立てていくハートコアロボは非常に「実践的」でした。
画面がどのように遷移していようと、「待つ」を含めて決められた動作を行うRPAよりも、人間の操作や判断に近いロジックを組み立てやすいRPAツールといえます。

2.マルチブラウザ・マルチプラットフォーム対応

Internet Explorerじゃないと動かない…Macintoshでは動かない…
いくつかのRPAツールを試用していくうちに、そんなRPAの作法が「当たり前」だと思うようになりました。
しかし、アイコン等を認識して動作し、どのブラウザ・どのプラットフォームでも動作するハートコアロボは、どのPCでも動くロボを作成することができる点で、多くのRPAより汎用的といえます。

3.リーズナブルな価格

多くのRPAツールを試用したり、説明を聞く度に、その値段に辟易していました。
初期費用100万円弱…毎月20万円弱の「新卒1人雇うだけの料金で自動化を実現」…
たしかに同じ業務が毎日数千件発生するような大企業ならば、それで採算が取れるかもしれません。
しかし、それでは「採算が取れずシステム化されなかった単純処理」を自動化できる企業は限られてしまいます。

イージーネットはハートコアロボが現在最もコストパフォーマンスが高いRPAツールだと考えています。ぜひ、他のRPAツールと比較してみてください。

複数のRPA製品の試用を進めた中で、イージーネットが最も顧客に導入をおすすめしたいRPAツール、それがハートコアロボです。

そして、IT補助金の活用ができた場合は、

例)年間パック料金:50万円+初期導入費用50万円→合計100万円(税別)

に対して、50万円の補助金が支給され、実質半額での導入ができることになります。


HeartCore Roboでできることのサンプル(動画)

Excelからwebへの自動入力

旅費精算業務

紙ベース書類データ化

導入事例①:スタッフの勤務シフトをWebシステムに自動反映

毎月Excel→勤怠システムに反映を行っているシフト入力を自動化すると…

2,500円(社会保険等を加味した時間単価)× 5時間

毎月12,500円のコストカット+入力ミスの排除

導入事例②:電子申請業務の更新処理を自動化

毎朝出勤後に15分以上かかっていた更新業務が、朝7時にスケジュール実行されることで

2,500円× 0.25時間 × 20日/月

毎月12,500円のコストカット

導入事例③:システムのバックアップ処理を自動化

月末にほぼ1日費やしていたバックアップ作業が自動的にスケジュール実行されることで

2,500円× 6時間/月

毎月15,000円のコストカット

導入事例④:システム間データ同期を自動化

1回30分かかる、月に15回行っていた、人事管理システムと社会保険管理システム間のデータエクスポート/インポートを自動化することで…

2,500円× 0.5時間 x 15回/月

毎月18,750円のコストカット+処理ミスの撲滅

いずれも、従来のRPAツールの導入価格では対象に上がりにくいサイズの業務ですが、ハートコアロボの導入により確実にコストの削減を進めることができています。

ハートコアロボは、アウトソーシングの専門家が選んだRPAツールです。

自動化したい業務がある方や、RPAツールにご興味がある方はぜひ、イージーネットにお問い合わせください。

そして、IT補助金の他にも業務改善助成金や、人材確保等支援助成金等の助成金を活用して、これらのITツールを生産性向上のために導入する場合に補助や助成を受けられる可能性があります。

ぜひ一度お話を聞かせてください。きっとイージーネットがお手伝いできることがあるはずです。