株式会社イージーネットは、次世代育成支援対策推進法に基づき、当社も労働者が仕事と子育てを両立できるよう「一般事業主行動計画」を策定しましたので公表いたします。

株式会社イージーネット 行動計画

1.計画期間

平成 29 年12月 1 日~平成 34 年11月 30日までの5年間

2.内容

目標1:産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育児短時間勤務など制度の周知や情報提供を行い、男女を問わず子育てをしやすい環境を作る。<対策>

  • 平成29年12月~ 制度に関するパンフレットを作成し社内イントラネットに掲示
  • 平成30年1月~ 子育て支援休暇を新設、実施
  • 平成30年1月~ 法改正の都度、変更点等を情報提供する
  • 平成30年3月~ 社内で利用可能な制度について説明会を適宜実施(1年に1回)
目標2:男性従業員が育児休業等を取得したり、子育てに参加しやすい環境を作る。<対策>

  • 平成29年12月~ 男性の育児休業についての理解を深めるため情報収集開始
  • 平成29年12月~ 業務分担・業務マニュアルの作成・人員配置などの見直し
  • 平成29年12月~ 社内で業務マニュアル等についての研修を定期的に実施
  • 平成30年1月~ 子育て支援休暇を新設、実施
  • 平成30年1月~ 男性社員より育休取得や子育てのための休暇についてのフィードバックを社内に共有。
  • 平成30年2月~ 男性従業員との面談を定期的に実施(半年に1回程度)
目標3:所定外労働を削減に向けて就業時間の見直しに取り組み、最終的には所定
時間の短縮を実施する。<対策>

  • 平成29年12 月~ 業務分担・人員配置などの見直し
  • 平成29年12月~ 社内規定改定、フレックス勤務制度を新設、実施
  • 平成30年9月~ 制度実施後の所定外労働時間の推移を分析、定期的なフォローアップ
  • 平成 31年12月~ 適正な所定時間の検証
  • 平成 32年4月~ 社内規定改定、所定時間短縮の実施

一般事業主行動計画サイトである「両立支援のひろば」にも掲載されています。