計画停電の時間中を休業とする場合、労働基準法26条の休業手当を支払う必要はあるのでしょうか?

停電によって事業を行うことができない場合、計画停電の時間の休業は使用者の責に帰すべき事由による休業にはならないため、休業手当を支払わなくても労働基準法違反にはなりません。しかし、計画停電以外の時間を休業とする場合は、計画停電以外の時間のみ事業を行うことが困難な場合以外は休業手当を支払う必要があります。



その場ですぐに見積もりができるかんたん見積もりはこちら

カテゴリー: 給与計算 パーマリンク