どのような従業員が「普通徴収」となりますか?

提出の際に退職している従業員や、6月までに退職が予定されている従業員が、「普通徴収」の対象となります。
そのため、給与支払報告書の提出後に退職が決まった従業員については、5月に市町村から通知が来た後に、「異動届」を提出して、「特別徴収」から「普通徴収」に切り替えます。


 

御社を煩雑な業務から開放いたします 

その場ですぐに見積もりができるかんたん見積もりはこちら

カテゴリー: 給与計算 パーマリンク