昼食(食事)手当を毎月支給していますが、割増賃金の計算の基礎に入るのでしょうか?

割増賃金の基礎から除外することができるのは、
「労働とは直接関係がない個人的な事情」を基準として支給される
①家族手当
②通勤手当
③別居手当
④子女教育手当
⑤住宅手当
⑥臨時に支払われた賃金
⑦1か月を超える期間ごとに支払われる賃金 です。

この場合は、臨時的なものではなく(毎月支給)、家族や住宅等個人的事情とも趣旨が異なるため、割増賃金の基礎に入ります。


 

御社を煩雑な業務から開放いたします 

その場ですぐに見積もりができるかんたん見積もりはこちら

カテゴリー: 給与計算 パーマリンク