賞与の支給日前に退職した従業員に賞与を支払う必要はあるのでしょうか?

賞与には、過去の労働に対する報酬という意味のほか、将来への期待・勤労意欲の向上といった意味合いもあります。そのため、査定対象期間に在籍していても、賞与支給日前に退職した者には賞与を支払わなくてもよいと考えられています。

しかし、就業規則や給与規程に、「支給日に在籍していない従業員には賞与を支給しない」など、支給日在籍要件を定めておかないと、退職した従業員とのトラブル発生の可能性があります。


御社を煩雑な業務から開放いたします

その場ですぐに見積もりができるかんたん見積もりはこちら

カテゴリー: 給与計算 パーマリンク