給与計算システムを導入したら、これまでと異なる所得税額になってしまいました。なぜでしょう?システムの税額を使っても大丈夫でしょうか?

所得税は、「給与所得の源泉徴収税額表」による計算以外に、「電子計算機等を使用して源泉徴収税額を計算する方法を定める財務省告示」を使用して税額を算出することができる特例があります。
この場合、システムはこちらを採用しているものだと思います。月々の給与をどちらの計算で行っていても、最終的には年末調整で再計算するため、問題ではありません。


その場ですぐに見積もりができるかんたん見積もりはこちら

カテゴリー: 給与計算 パーマリンク