雇用保険には、徴収しなくてもよい場合があるのでしょうか?

雇用保険料は雇用保険被保険者からも徴収しますが、被保険者でなくなった場合でも、被保険者であった期間を対象とする賃金からは保険料を徴収しなければなりません。原則として、退職後や休職期間中も対象となる賃金の支払いがあれば雇用保険料は徴収すると考えておきましょう。



その場ですぐに見積もりができるかんたん見積もりはこちら

カテゴリー: 給与計算 パーマリンク