給与計算」カテゴリーアーカイブ

日給者にも、割増賃金の支払いは必要なのでしょうか?

日給制の労働者に時間外・休日労働が発生した場合も、労働時間の算出方法は変わりません。 単価については、「日給額÷所定労働時間」が適用されます。もし、曜日によって所定労働時間が異なるような場合には、1週間の平均所定労働時間 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 日給者にも、割増賃金の支払いは必要なのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

遅早控除や欠勤控除が支給項目にマイナスの金額で入っているのはなぜでしょう?控除項目にしてもよいでしょうか?

支給項目は、総支給額の算出をめざすもので、そのために基本給や職務手当等の固定的賃金+時間外労働手当等の非固定的賃金から、遅早控除、欠勤控除等を差し引いたものが、総支給額となります。 一方控除項目は、総支給額から差し引かれ … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 遅早控除や欠勤控除が支給項目にマイナスの金額で入っているのはなぜでしょう?控除項目にしてもよいでしょうか? はコメントを受け付けていません。

昼食(食事)手当を毎月支給していますが、割増賃金の計算の基礎に入るのでしょうか?

割増賃金の基礎から除外することができるのは、 「労働とは直接関係がない個人的な事情」を基準として支給される ①家族手当 ②通勤手当 ③別居手当 ④子女教育手当 ⑤住宅手当 ⑥臨時に支払われた賃金 ⑦1か月を超える期間ごと … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 昼食(食事)手当を毎月支給していますが、割増賃金の計算の基礎に入るのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

賞与の支給日前に退職した従業員に賞与を支払う必要はあるのでしょうか?

賞与には、過去の労働に対する報酬という意味のほか、将来への期待・勤労意欲の向上といった意味合いもあります。そのため、査定対象期間に在籍していても、賞与支給日前に退職した者には賞与を支払わなくてもよいと考えられています。 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 賞与の支給日前に退職した従業員に賞与を支払う必要はあるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

同月内に2回以上の賞与がある場合、2回目の保険料はどのように算定するのでしょう?

同月内に2回以上の賞与がある場合、その合計額から標準賞与を算出して保険料を求め、合計分の保険料とすでに支払った賞与分の保険料の差額分が2回目以降の賞与の保険料となります。

カテゴリー: 給与計算 | 同月内に2回以上の賞与がある場合、2回目の保険料はどのように算定するのでしょう? はコメントを受け付けていません。

保険料率の変更があった月に賞与を支給する際の留意点は?

原則として月次給与は前月末日時点で決定、賞与は当月末日時点で決定となることから、保険料変更月において、月次給与は旧料率、賞与は新料率で計算することとなります。 システムで計算をする場合は、月次給与と賞与のそれぞれに料率設 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 保険料率の変更があった月に賞与を支給する際の留意点は? はコメントを受け付けていません。

1日に40歳になった場合、介護保険料の徴収は当月からですか?翌月からですか?

「40歳に到達した日」とは、誕生日の前日ですので、「40歳到達日=誕生日の前日」が達する月となります。そのため、前月末には40歳に到達しているため、誕生日の当月から介護保険料の徴収が必要となります。

カテゴリー: 給与計算 | 1日に40歳になった場合、介護保険料の徴収は当月からですか?翌月からですか? はコメントを受け付けていません。

退社する際に社会保険料を2ヶ月分徴収するのはどのような場合ですか?

月末退職で、給与が月末締めの当月25日払い(時間外手当は翌月支払)の場合は、翌月支払う給与が無いため、退社月に保険料を2ヶ月分徴収する必要があります。

カテゴリー: 給与計算 | 退社する際に社会保険料を2ヶ月分徴収するのはどのような場合ですか? はコメントを受け付けていません。

月末以外に退社した場合、翌月の社会保険料徴収はどのように行えばよいですか?

月末の前日までに退職した場合、前月末には資格喪失をしていることになりますので、当月の給与からは保険料は徴収しません。ただし、同月内に入社している場合は同月得喪としてその月分の社会保険料を徴収する必要があります。

カテゴリー: 給与計算 | 月末以外に退社した場合、翌月の社会保険料徴収はどのように行えばよいですか? はコメントを受け付けていません。

給与計算システムを導入したら、これまでと異なる所得税額になってしまいました。なぜでしょう?システムの税額を使っても大丈夫でしょうか?

所得税は、「給与所得の源泉徴収税額表」による計算以外に、「電子計算機等を使用して源泉徴収税額を計算する方法を定める財務省告示」を使用して税額を算出することができる特例があります。 この場合、システムはこちらを採用している … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 給与計算システムを導入したら、これまでと異なる所得税額になってしまいました。なぜでしょう?システムの税額を使っても大丈夫でしょうか? はコメントを受け付けていません。