投稿者「eg-admin」のアーカイブ

どのような従業員が「普通徴収」となりますか?

提出の際に退職している従業員や、6月までに退職が予定されている従業員が、「普通徴収」の対象となります。 そのため、給与支払報告書の提出後に退職が決まった従業員については、5月に市町村から通知が来た後に、「異動届」を提出し … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | コメントする

従業員が住宅借入金等特別控除申告書を紛失した場合、事業所が手続き等する必要はありますか?

住宅借入金等特別控除申告書は、初年度の申告後に個人へ交付されていますので、事業所が用意する必要はありません。 もし、紛失した場合の再発行は税務署でのみ可能ですので、その場合は個々に手配してもらうことになります。 &nbs … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | コメントする

一般生命保険料と個人年金保険料との違いはどこでわかりますか?

証明書に必ず「一般生命保険料証明書」か「個人年金保険料証明書」のどちらかが記載されているので、そちらを参照します。 保険の種類が年金保険でも証明書が「一般生命保険料証明書」の場合は、一般生命保険料として取り扱います。 & … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | コメントする

年末調整の調整金額は12月支払いの給与で行わなければなりませんか?

12月支払の月次給与で精算することが原則ですが、12月支払い賞与や1月支払いの月次給与でもかまいません。事務処理上で都合のよいほうを採用してください。  

カテゴリー: 給与計算 | コメントする

「月末締め翌月10日払い」の場合の年末調整対象給与(賞与)はいつまでのものになりますか?

年末調整の対象は、等年中に支払いの確定した給与、つまり支給日が到来した給与を対象とします。 そのため、1月10日~12月10日支払分の給与を1年分として年末調整の対象とします。    

カテゴリー: 給与計算 | コメントする

退社時に有給休暇を使って入院していた場合、退職後の傷病手当金を受給することはできますか?

有給を使い労務に服していない場合、その期間(退職までの期間)は会社から給与を支給されているため傷病手当金を受給することはできません。 しかし、 ①退職日に労務不能であること。 ②退職日まで健康保険に継続して1年以上の被保 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 退社時に有給休暇を使って入院していた場合、退職後の傷病手当金を受給することはできますか? はコメントを受け付けていません。

雇用保険料の端数計算について教えてください

50銭以下は切り捨て、50銭1厘以上は切り上げとなります。    

カテゴリー: 給与計算 | コメントする

給与支払報告書の提出にあたって、留意する点はありますか?

市区町村へは、必要書類を以下の順番で束ねておくとよいでしょう。 ①総括表2枚(又は1枚) ②特別徴収となる従業員の給与支払報告書 ③仕切紙(「普通徴収」と記載)④普通徴収となる従業員の給与支払報告書 ※ホッチキスなどで留 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 給与支払報告書の提出にあたって、留意する点はありますか? はコメントを受け付けていません。

日給者にも、割増賃金の支払いは必要なのでしょうか?

日給制の労働者に時間外・休日労働が発生した場合も、労働時間の算出方法は変わりません。 単価については、「日給額÷所定労働時間」が適用されます。もし、曜日によって所定労働時間が異なるような場合には、1週間の平均所定労働時間 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 日給者にも、割増賃金の支払いは必要なのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

遅早控除や欠勤控除が支給項目にマイナスの金額で入っているのはなぜでしょう?控除項目にしてもよいでしょうか?

支給項目は、総支給額の算出をめざすもので、そのために基本給や職務手当等の固定的賃金+時間外労働手当等の非固定的賃金から、遅早控除、欠勤控除等を差し引いたものが、総支給額となります。 一方控除項目は、総支給額から差し引かれ … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 遅早控除や欠勤控除が支給項目にマイナスの金額で入っているのはなぜでしょう?控除項目にしてもよいでしょうか? はコメントを受け付けていません。