月別アーカイブ: 2011年6月

時間外労働の端数処理はどのように行えばよいでしょうか?

①1ヶ月の時間外労働、休日労働および深夜労働のそれぞれの時間数の合計に1時間に満たない端数がある場合、30分未満を切り捨て、30分以上を1時間に切り上げることができます。 ②1時間当たりの賃金額および割増賃金額に1円未満 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 時間外労働の端数処理はどのように行えばよいでしょうか? はコメントを受け付けていません。

遅刻、早退、私用外出などの端数処理は、15分単位でもよいですか?

労働者に有利に計算する場合はOKです(例:35分の遅刻を、30分の減給とする)が、労務の提供が無かった時間以上に賃金を減額することはできません。

カテゴリー: 給与計算 | 遅刻、早退、私用外出などの端数処理は、15分単位でもよいですか? はコメントを受け付けていません。

欠勤控除をする場合、通勤手当も欠勤分の控除をしてもよいのでしょうか?

就業規則等に定めがあれば、ノーワーク・ノーペイの原則に基づいて通勤手当についても月次給与の支払時に不就労控除を行ってもかまいません。しかし、定期券代として支給している場合、定期券の代金と通常の1回ごとの運賃からどのように … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 欠勤控除をする場合、通勤手当も欠勤分の控除をしてもよいのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

(11/6/9)永年勤続表彰などの記念品は非課税の賃金でしょうか?

永年勤続表彰者への記念品贈呈の場合、次の要件をすべて満たしていれば、課税の賃金として扱わなくてもかまいません。 ①世間一般で行われている金額以内であること ②勤続年数がおおむね10年以上である人を対象としていること ③同 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | (11/6/9)永年勤続表彰などの記念品は非課税の賃金でしょうか? はコメントを受け付けていません。

携帯電話の費用を事業場が補てんした場合は賃金になるのでしょうか?

補てんした金額(例:2,000円)が業務に使用した分(例:2,100円)を上回らなければ、経費補助となります。しかし、業務に使用した金額がわからないと、上回っているかどうかがわからないため、賃金として扱う可能性があります … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 携帯電話の費用を事業場が補てんした場合は賃金になるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。