月別アーカイブ: 2011年6月

退社する際に社会保険料を2ヶ月分徴収するのはどのような場合ですか?

月末退職で、給与が月末締めの当月25日払い(時間外手当は翌月支払)の場合は、翌月支払う給与が無いため、退社月に保険料を2ヶ月分徴収する必要があります。

カテゴリー: 給与計算 | 退社する際に社会保険料を2ヶ月分徴収するのはどのような場合ですか? はコメントを受け付けていません。

月末以外に退社した場合、翌月の社会保険料徴収はどのように行えばよいですか?

月末の前日までに退職した場合、前月末には資格喪失をしていることになりますので、当月の給与からは保険料は徴収しません。ただし、同月内に入社している場合は同月得喪としてその月分の社会保険料を徴収する必要があります。

カテゴリー: 給与計算 | 月末以外に退社した場合、翌月の社会保険料徴収はどのように行えばよいですか? はコメントを受け付けていません。

給与計算システムを導入したら、これまでと異なる所得税額になってしまいました。なぜでしょう?システムの税額を使っても大丈夫でしょうか?

所得税は、「給与所得の源泉徴収税額表」による計算以外に、「電子計算機等を使用して源泉徴収税額を計算する方法を定める財務省告示」を使用して税額を算出することができる特例があります。 この場合、システムはこちらを採用している … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 給与計算システムを導入したら、これまでと異なる所得税額になってしまいました。なぜでしょう?システムの税額を使っても大丈夫でしょうか? はコメントを受け付けていません。

雇用保険には、徴収しなくてもよい場合があるのでしょうか?

雇用保険料は雇用保険被保険者からも徴収しますが、被保険者でなくなった場合でも、被保険者であった期間を対象とする賃金からは保険料を徴収しなければなりません。原則として、退職後や休職期間中も対象となる賃金の支払いがあれば雇用 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 雇用保険には、徴収しなくてもよい場合があるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

厚生年金基金の掛け金の計算方法について教えてください。

厚生年金保険と同様、(標準報酬月額×保険料率)によって算出します。なお、厚生年金基金に加入している場合、厚生年金保険の保険料率が通常の保険料率と異なる場合がありますので、注意が必要です(厚生年金基金に確認しましょう)

カテゴリー: 給与計算 | 厚生年金基金の掛け金の計算方法について教えてください。 はコメントを受け付けていません。

産前産後休業や育児休業中の社会保険料の支払いはどうなるのでしょうか?

産前産後休業の場合には、社会保険料の免除はありません。健康保険(含む介護保険)および厚生年金保険は育児休業期間中のみ保険料の支払いが免除されます。具体的には前月末日に育児休業中であれば、当月の給与での保険料は免除となりま … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 産前産後休業や育児休業中の社会保険料の支払いはどうなるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

海外在住の場合の介護保険料の扱いは?

介護保険料の対象者は、「市区町村の区域内に住所を有すること」が条件となっています。そのため、出向などで海外の事業場に勤務し、日本国内に住民票がない場合には、介護保険料の対象外となります。ただし、対象外の申し出をする場合、 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 海外在住の場合の介護保険料の扱いは? はコメントを受け付けていません。

保険料額表には介護保険料の金額が載っていない。給与明細に介護保険料を載せるには、どうやって算出すればよいでしょう?

介護保険料は、(介護保険ありの健康保険料-介護保険なしの健康保険料)により計算します。

カテゴリー: 給与計算 | 保険料額表には介護保険料の金額が載っていない。給与明細に介護保険料を載せるには、どうやって算出すればよいでしょう? はコメントを受け付けていません。

休業手当は、全休業期間に渡って支払い義務があるのでしょうか?

休業手当の支払い義務がある日は所定労働日だけであり、就業規則などで休日となっている日には支払義務はありません。

カテゴリー: 給与計算 | 休業手当は、全休業期間に渡って支払い義務があるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

計画停電の時間中を休業とする場合、労働基準法26条の休業手当を支払う必要はあるのでしょうか?

停電によって事業を行うことができない場合、計画停電の時間の休業は使用者の責に帰すべき事由による休業にはならないため、休業手当を支払わなくても労働基準法違反にはなりません。しかし、計画停電以外の時間を休業とする場合は、計画 … 続きを読む

カテゴリー: 給与計算 | 計画停電の時間中を休業とする場合、労働基準法26条の休業手当を支払う必要はあるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。